TOPへProject by 参加型レビュー.com
剣豪3

ジャンル:本格剣術アクション

プレイ人数:1〜2人(対戦モード)

発売元:公式サイト 元気

発売日:2004年9月22日

紹介文:
真の「天下無双」とはなにか…。剣豪シリーズが二年の沈黙を破り大幅な進化を遂げて登場! レビュー投稿フォームへ

平均:28点  平均プレイ時間:時間
16票
60点 6票
40点 5票
90点 3票
20点 3票
70点 2票
0点 2票
30点 2票
50点 1票
時間 16票
30-40時間 8票
10-20時間 5票
0-10時間 4票
20-30時間 3票
40-50時間 3票
50-時間 1票

点数: 投稿者:How To Recover Deleted File From Photo Boothさん プレイ時間:時間
レビューコメント
this is good article !!!!!!

 このレビューは参考になりましたか?

点数:40点 投稿者:Virginiaさん プレイ時間:10-20時間
レビューコメント
This is a most useful contribution to the datebe

 このレビューは参考になりましたか?

点数:60点 投稿者:HIROさん プレイ時間:10-20時間
CHECK!
レビューコメント
斬った時の音と感覚がいい!
血が出るのも演出としては最高だし。
任務にも、多少の種類があり、好きなのを選べる。
ただ、欠点も多い。
街を自由に歩くことさえできず、コマンドのみでの行動は作業的。
中盤から、確実にだれてくる。
やれることも意外に少なく、自由度がない。
もっと、日本全国を旅する感覚を味わいたかった。

 このレビューは参考になりましたか?

点数:90点 投稿者:御隠居さん プレイ時間:50-時間
CHECK!
レビューコメント
結構古いゲームなんですが、実に面白かったです。

このゲームは、自分で作ったキャラクターを成長させながら一人の剣士として、色々な剣豪達と試合(死合)をしていきながら江戸時代を生き抜いていくゲームです。

ちなみに、血飛沫の有無は設定で変更出来ます。

江戸時代と言っても時代考証はあまりなく、江戸時代全体を通して剣豪と呼ばれる者達が出てきます。
総勢33名の剣豪の他に、対戦で使用できる隠しキャラも数名います。
シナリオも結構あり、進め方次第で色々なエンディングが見れることでしょう。
また自身のキャラクターも、作る際に色々なタイプが選べ(もちろん顔も)出身地も江戸以外で選べます。
服装や装備する刀も、ゲームを進めていけば色々入手できます。

ゲーム内では、各地の町道場・剣豪道場(柳生道場など)・口入れ屋(ハンターギルドのようなもの)・茶屋(ここではお茶を飲むのではなく、野試合や賭試合や闇試合が出来ます)・お寺・刀屋・仕立屋(服屋のこと)・藩邸(ここでは主に武芸試合があります)・鍛冶屋・宿屋などがあり、様々なイベントが用意されています。

操作は簡単で、すぐになれると思います。


ここからは、おいらの体験を元に感想などを。

実はおいらは昔に剣豪1を友人の家でやって、あまり面白くない印象を受けたので直ぐにやめてしまいました。
そして剣豪2をやらずに、剣豪3もスルーしてました。

が、しかし!

この秋に剣豪1を持っていた友人の家に行ったときに、あまりにも暇なので剣豪3をやってみたところ・・・ドップリはまりました。
当然そのまま友人からパクッ・・・いえ、借りてきてこの冬休みにやり込みました。(仕事も忙しかったので、睡眠不足で妙なテンションだったけど)

最終的においらは3人のキャラを作りました。
でも・・・・・なぜか最初のキャラで、いきなり天下無双編というシナリオをクリアしてしまいました。
天下無双編といえば、このゲームの一番のグッドエンディングなのです。(クリアするための条件が結構面倒くさかったり)

二人目で新撰組のシナリオでエンディングを迎え、三人目で倒幕志士編でエンディングを迎えました。

シナリオ自体は、エンディングを迎えるシナリオの前に幾つものシナリオが進め方によって発生します。

これが結構面白い。

進め方によっては、佐々木小次郎を自分のキャラで倒した上に、巌流島で宮本武蔵と戦うことも出来ます。
また、江戸の三大道場(千葉・斉藤・桃井)に通い詰めて道場主に認めて貰い、自流派を立ち上げることで江戸城で開かれる御前試合に出場することも出来ます。
柳生家の陰謀に加担したり、池田屋なんかは新撰組・中立の立場で口入れ屋で依頼を受けると2パターンありますし。
あと赤穂浪士の吉良邸討ち入りも、2パターンあったりします。

ちょっとネタバレっぽくなりましたが、他にも色々なシナリオがあるので探して下さい。

口入れ屋も、進めていくと特殊な依頼とかも発生しますし(剣豪の暗殺依頼とかもあります)依頼を受けたときの戦闘も結構楽しいです。
茶屋では刀を賭けた賭試合(木刀)に、真剣での闇試合があり100連勝すると、なんと101人目にあの人が・・・(笑)

戦闘では、1対1の木刀・真剣での戦闘と、1対多数の真剣での戦闘があり、自分のキャラが使う形(形とは、簡単に言うと技のことです)を入手出来ます。形も色んな種類があり、色々使って自分の使いやすい形を見つけて下さい。
また形は合成する事もでき、自分のオリジナルの形を作ったり、ある形を合成することで出来る特殊な形も存在します。

シナリオモードの他に、対戦や番外編というミニゲームもあります。

やり込み要素が結構ある上に、有名な剣豪が多数出ていることからも、少しでも興味のある方がやればハマるのは間違いなし!

宮本武蔵・佐々木小次郎・柳生十兵衛・近藤勇・土方歳三・沖田総司をはじめ、宝蔵院胤舜・宍戸梅軒(作中では宍戸某)・吉岡清十郎なんかとも戦えます。・・・・・こんな豪華メンバーと戦えるなんて、剣士冥利に尽きるよなぁ。

少しでも興味のある方は、やってみて下さい。お勧めです!!!

 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 2人 / 評価者数 2

レビューの投稿
  ※点数・プレイ時間だけでも投票できます。お気軽に投稿お願いします!
名前:
CHECKマーク
ストーリー: ※ストーリーや世界観から目が離せない。
キャラクター: ※キャラクターがトコトン魅力的。共感できる。
グラフィック: ※グラフィックがきれい。見ていて楽しい。
システム: ※システムが個性的。新しい発見がある。
ボリューム: ※やりこみ要素や、豊富なシナリオなどボリューム満点。
サウンド: ※つい聞き惚れるほど、BGMや効果音が良い。
お手軽さ: ※説明書いらずなお手軽さが魅力。

太字 打ち消し 斜体  下線 引用  左寄せ 中央寄せ  右寄せ 大 小 
赤■ 青■ 緑■  橙■ 茶■ 桃■  水■ 銀■ 紫■ ⇒他

TOPへ