TOPへProject by 参加型レビュー.com
デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団

ジャンル:RPG

プレイ人数:1人

発売元:公式サイト アトラス

発売日:2006年3月2日

紹介文:
「悪魔を使役してクリアを目指すRPG」という基本を踏襲しながら、本作独自のゲームシステムを大胆に盛り込んだ、「新しい楽しさ」が得られる作品。 レビュー投稿フォームへ

平均:20点  平均プレイ時間:時間
42票
70点 5票
10点 4票
60点 4票
50点 4票
40点 3票
90点 3票
30点 3票
80点 2票
20点 1票
0点 1票
時間 42票
20-30時間 7票
0-10時間 6票
40-50時間 6票
30-40時間 4票
10-20時間 4票
50-時間 3票

点数: 投稿者:Top 10 Data Recovery Software For Windows 8さん プレイ時間:時間
レビューコメント
this is good article !!!!!!

 このレビューは参考になりましたか?

点数:10点 投稿者:Rafoさん プレイ時間:10-20時間
レビューコメント
Hey, that\'s powreful. Thanks for the news.

 このレビューは参考になりましたか?

点数:50点 投稿者:Adrielyさん プレイ時間:0-10時間
レビューコメント
To think, I was confused a muinte ago.

 このレビューは参考になりましたか?

点数:70点 投稿者:メガテン新参さん プレイ時間:50-時間
CHECK! ストーリーにグイグイ引きこまれてしまう! キャラクターがトコトン魅力的! 鳥肌が立つほどリアル、新感覚でクールなビジュアルのグラフィック! これまでにない斬新なシステムを搭載! やめられないやりこみ要素などボリューム満点! サウンドがとにかく印象的! 
レビューコメント
とりあえず楽しめました。
メガテン新参なので、前作の内容などは知りませんがよかったと思います。

 このレビューは参考になりましたか?

点数:50点 投稿者:さん プレイ時間:40-50時間
CHECK! これまでにない斬新なシステムを搭載! 
レビューコメント
個人的には好きでしたけどね^−^;

 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人 / 評価者数 3

点数:40点 投稿者:鏡晃さん プレイ時間:50-時間
CHECK! ストーリーにグイグイ引きこまれてしまう! キャラクターがトコトン魅力的! 鳥肌が立つほどリアル、新感覚でクールなビジュアルのグラフィック! 
レビューコメント
正統メガテンシリーズ最新作ということでかなり期待していたのだが、正直裏切られたと言っていい。

まず全体的にボリュームが圧倒的に少ない。
シナリオ全体を通して見ればとてつもなく魅力的なのだが、シナリオの練りこみが足りていないのか、いまいち踏み込むことが出来ない内容となってしまっている。
今作の原案は「悪魔絵師」こと金子数馬氏だということだが、本来絵描きである氏のシナリオをそのまま使っているのだろうか。
せめて本職のライターなどがサポートに付いていれば、と悔やまれる。

まだ科学と魔術の境界が曖昧な大正という時代設定や、過去作に度々出てくる「葛葉」一族の秘密の一端を垣間見ることが出来るなど、工夫次第でいくらでも面白くなるので本当に残念だ。

システムとしては、仲魔(仲間)にした悪魔を連れて歩くことが出来るので仲魔にとても愛着がわくのも楽しいし、またそんな仲魔の力を借りて事件を解決していくこともデビルサマナーらしくて秀逸。

総評としては、古参ユーザーにはつらいゲームになってしまったが。
まだ女神転生をやったことのないユーザーやライトユーザーには楽しんでいただけるのではないだろうか。
古くからのユーザーとしては、次回作に期待するほか無いだろう。

 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人 / 評価者数 1

点数:30点 投稿者:さん プレイ時間:30-40時間
CHECK!
レビューコメント
うーん、メガテンのタイトルを冠するには値しないとしか言えないです。

過去のシリーズを知ってると、どうしても見比べてしまいます。
が、取っ付き易くするためというならしかたがないのかも・・・

とは言え、シナリオ・難易度・データ量など、ほぼ全てにおいて物足りないです。

 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人 / 評価者数 3

点数:40点 投稿者:御隠居さん プレイ時間:30-40時間
CHECK!
レビューコメント
残念です。

デビルサマナー待望の新作だったのですが・・・
非常に低レベルに仕上がっています。

まず、シナリオは底が浅くて簡単すぎです。
帝都守護の任を命じられた主人公が、探偵事務所に所属して悪魔が関わる事件を解決していくのですが・・・
シナリオが全然練れていない上に、イベントも雑に思えて仕方ありません。

音楽も、メガテンシリーズの中で一番軽いかもしれない。
まぁシナリオが軽いので、釣り合いは取れてるのだろうけど・・・気に入らない。

戦闘に至っては最悪です。
シリーズ初のリアルタイムアクションなのですが、ただ『斬る・突く・銃を撃つ』のみであり、仲魔は呪文を使うか、直接攻撃だけ。
仲魔との合体攻撃も種類が少なく、使い勝手の悪い技が多い。
せっかく仲魔を増やしても、戦闘では一体しか使えないのも残念。

もっとも最悪なのが・・・
悪魔の絶対数が非常に少ないこと!
呪文も少ない上に、合体も2身合体しかない。
悪魔の能力だけを上げる合体もあるが、当然のように上限がある。
剣合体も種類が少なく、能力もいまいち。
極めつけは、悪魔を仲魔にする方法・・・
ボタン連打であり、悪魔と交渉が出来ないのである。

この作品を作ったスタッフは、目先の新しさばかりを求めた結果、メガテンの最も大切な部分を無くしてしまっていることに気付いていないのだろう。

唯一の救いは、仲魔を連れて街中を歩けること。
そして、仲魔単独で操作が出来ることである。
グラフィックは綺麗だし、仲魔も可愛かったりするので40点である。

しかし、メガテンの最大の売りは、その独特で奥の深い世界観と、そこから織り成す複雑なシナリオ。
それに合ったサウンドに、悪魔を仲間に出来るという特殊な設定。
そして・・・敵である悪魔を仲間にするための交渉が出来ることである。
敵である悪魔と話しをして仲間に入れるなんて・・・メガテンならではの楽しみなのに・・・
今回のライドウでは、それがまったく無い。
このゲームはメガテンの名を冠するのに相応しくないと思う。
もうじきメガテンのもう一つのシリーズである『ペルソナ』の新作が出るのだが・・・

期待していいんだろうか。
期待したいが、次のペルソナも駄作で終われば・・・
全メガテンシリーズを止めることにもなりかねない。

目新しいことをするために、昔のメガテンの良いところが削られてしまうのであれば、無理に変える必要は無いと思う。
ドラクエがいい例だと思うのだが。

開発スタッフの皆さんには、メガテンの何たるかを考えた上で開発に取り組んで欲しいと切に願う。

 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 5人 / 評価者数 6

点数:80点 投稿者:ジョーさん プレイ時間:50-時間
CHECK!
レビューコメント
前作がSSで発売されてから10年。
PS2へとハードは変わりましたが、デビルサマナーシリーズならではの程良くダークな雰囲気はそのままに、ファンには涙ものの待望の新作だと思います。

時代は大正20年、帝都。
主人公の少年が「14代目葛葉ライドウ」を襲名し、帝都守護の任を命じられて悪魔絡みの事件を解決していくというものです。
一応区切りとしては全12話の物語からなっていますが、全編を通じて1つのストーリーを軸にテンポ良く話が進んで行き、前作を未プレイの方でも問題なく楽しめる内容になっていると思います。

システム的には戦闘が今回初となるリアルタイムアクション風なもので、従来のターン戦では得られないスピード感が楽しめます。
しかし操作に慣れるまではかなり時間がかかり、特に修羅虎突き(左スティック方向+□ボタン)や咄嗟のガード(×ボタン)は格闘ゲームが苦手な方は苦戦したのでは?と思います。
また、悪魔は戦闘中1体ずつしか召喚出来ず、しかもその都度命令をしないと好き勝手な行動を取るので悪魔のMPが少ない序盤では気付いたらMPが減っていて、ここぞと思う時に役に立たなかったり。
雑魚戦での手間を省く為にも、せめて一度命令した内容が以降の戦闘でも自動で記憶される様になっていればなぁと何度も思いました。

そしてゲームの醍醐味である悪魔についてですが。
全体的に悪魔の数が減り、女神転生シリーズでもお馴染みの悪魔達が登場しなかったのがとても残念でした。
その分悪魔の持つスキルも種類が少なく感じ、合体の際にはどうしても物足りなさが拭えませんでした。

しかし悪魔を操作出来たり連れ回せたり、累計忠誠度などのパラメーターの追加は、プレイヤーを飽きさせない魅力的な配慮だと思います。
グラフィックもシンプルながら十分過ぎる程綺麗ですし、金子氏によるキャラクターのヴィジュアルも相変わらず美しく、コアなアトラスユーザーのみならず、メガテン系初心者の方にもお薦めしたい作品だと思います。

 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人 / 評価者数 1

レビューの投稿
  ※点数・プレイ時間だけでも投票できます。お気軽に投稿お願いします!
名前:
CHECKマーク
ストーリー: ※ストーリーや世界観から目が離せない。
キャラクター: ※キャラクターがトコトン魅力的。共感できる。
グラフィック: ※グラフィックがきれい。見ていて楽しい。
システム: ※システムが個性的。新しい発見がある。
ボリューム: ※やりこみ要素や、豊富なシナリオなどボリューム満点。
サウンド: ※つい聞き惚れるほど、BGMや効果音が良い。
お手軽さ: ※説明書いらずなお手軽さが魅力。

太字 打ち消し 斜体  下線 引用  左寄せ 中央寄せ  右寄せ 大 小 
赤■ 青■ 緑■  橙■ 茶■ 桃■  水■ 銀■ 紫■ ⇒他

TOPへ